調査の事例 調査の事例

  1. ホーム
  2. 調査事例

これまでの調査について
少しだけお話しします。

調査の事例集

尾行をする男 尾行をする男

事例2

調査を依頼した女性イラスト
依頼人
妻(専業主婦)
調査対象者 夫(38歳、会社員)
年収 500万円
子供 1人
結婚歴 7年
相談内容 夫の帰宅時間が遅くなり、夕食を食べないことも多くなりました。又、ネクタイの好みが変わり派手になり、お金遣いも荒くなりました。
3年前も浮気をしている事が分かり、その時はすんなり認めて、すぐに女性と別れてくれましたが、今回は問い詰めてもそんなことは無いと認めようとはしません。
ですが、女の感といいますかどう考えても不自然なんです、普段の生活振りからまず間違いないと思っています。
今回は、2回目でもあるので絶対に許す気はありません。浮気の証拠が取れたら離婚することを考えています。
調査内容

土日が休みで、特に金曜日の夜に帰りが遅くなることが多くなるということから、
金曜日の退社時間の午後8時に合わせて調査を開始することに。

調査開始してしばらくすると対象者が勤務先のビルより出てくる姿が確認でき、尾行による調査を開始しました。電車に乗ってA駅で下車、改札を出てしばらく歩くと携帯電話をかける。
するとすぐに女性が近寄ってくる様子が確認できる。
そして、2人で手をつないで近くのレストランへ。

店内での撮影が可能と判断できたので、調査員も客の振りをして店内へ。店内の2人の様子を撮影する。
約1時間後にレストランを出て、近くのホテル街方面へ歩き出す。
2人が手をつないで歩いている様子、ホテルへ入る様子を撮影する。

調査員はホテルの出入り口を確認し、2人が出る様子を撮影するための準備を行う。
約2時間後に2人がホテルから出てくる様子が確認できる。
もちろんホテルを出る様子も無事撮影。ホテルを出て、A駅方向へ手をつないで寄り添いながら歩く。
駅で2人が別れる。

別れ際には、周囲を気にすることなくキスをする様子も撮影。
女性の住所を特定するために(後に慰謝料を請求するために本人確認が必要)尾行の調査を継続する。
電車に乗り、S駅で下車。徒歩で自宅へ。
閑静な住宅街の1戸建てへ入る様子を確認し、表札も確認する。ご依頼者様へ状況を報告し、調査を終了する。

結果

調査結果を報告書にまとめる(通常、2~3日間)。
後日、調査報告書に基づいて調査結果を報告。

調査内容には満足をいただきましたが、夫が1回ではどんな言い訳をするかわからないので、もう1回証拠を取りたいとのご意見。

後日に退社後の行動を調査すると、先日と同じ女性と待ち合わせ。
再度、浮気の証拠がとれて今回の調査が終了。
数日後に調査結果を報告させていただきました。

まずは、弁護士に相談して離婚の手続きと、浮気相手への慰謝料請求の為の内容証明郵便を送る手続きをとりました。浮気相手への請求する慰謝料は、500万円。

解決イメージ画像
調査費用
調査日数 2日
調査時間 1日4時間から5時間
調査費用の合計 約25万円
結果

contact logo

無料相談・お問い合わせ

無料お問い合わせ

0120-766-020

女性相談員ダイレクトコール

0120-766-040

メールお問い合わせ

お問い合わせ

相談・調査に関することなら、
お気軽にお問い合わせください。

TOP