社長ブログ一覧 社長ブログ一覧

  1. ホーム
  2. 社長ブログ一覧
  3. 浮気調査で結果がでない理由と対処法とは?大阪の探偵社が解説!

社長ブログ一覧

ブログ

浮気調査で結果がでない理由と対処法とは?大阪の探偵社が解説!

「昔に浮気されたことあるし、またするんじゃないのかな・・・」
「浮気調査をして結果が出なかったらどうなるの?」
以前に夫が浮気をしていると、そのトラウマからまたするのではないか不安になりますよね。
そのような不安な状態を解消するために、浮気調査を依頼したいと思う方もいるかと思います。
しかし、浮気調査をしても結果が出ない場合があります。
そこで今回は、「浮気調査をしても結果がでない理由と対処法」について詳しく解説します。

 

□浮気調査をしても結果がでない理由

 

*浮気をしていない
何回も調査を行なったのにも関わらず結果がでない理由の一つとして、そもそも浮気をしていないことが挙げられます。
冷静に判断ができる状態であれば、何回も浮気調査が失敗することを「浮気の可能性が下がっている」と捉えることができます。
しかし、過去のトラウマなどからくる精神が不安定な状態の場合、結果がでないことを逆に不安に思ってしまうことがあります。
できる限り冷静な判断を心がけましょう。

 

*パートナーの警戒心が高い
パートナーの警戒心が高い場合、何回浮気調査をしても浮気相手と会わない日が続くことがあります。
これは、浮気調査をされていることに気づいているからでしょう。
この場合、すぐに調査を中止した方がいいです。
調査されていることに気付きながら、浮気相手と会うといった行動を取ることはほとんどないと言えるでしょう。

 

*調査すべき日が間違っている
浮気相手と会う可能性の高い日に浮気調査をしますが、その調査する日が間違っていると結果がでないことにつながります。

 

□結果がでない時の対処法

 

*パートナーの警戒心が高い
後ろを振り返る・同じ道を往復する、などの浮気調査に気づいている兆候が見られる場合、一度調査を中断しましょう。
浮気調査されていると気づいているのであれば、浮気につながるような証拠を残すことはほとんどないです。
2ヶ月程度期間をおけばパートナーの警戒心も和らぎ、隙を見せるかと思います。

 

*調査すべき日が間違っている
調査すべき日が間違っている可能性がある場合、自身で探りを入れて浮気をする可能性が高い日を特定しましょう。
一番いい方法はケータイのメッセージですが、そういった方法が取れないことも多いです。
そのような時は、帰宅時間や怪しげな動向が見られる日などをデータとして集めておきましょう。

 

□まとめ
以上、「浮気調査をしても結果がでない理由と対処法」についてご紹介しました。
相手が浮気調査に気づいているか・調査すべき日は合っているかなどに注意しましょう。
今回の記事を参考に、浮気調査の依頼を検討してみてください。
また、当社では調査依頼でなくても相談をすることが可能です。
何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

contact logo

無料相談・お問い合わせ

無料お問い合わせ

0120-766-020

女性相談員ダイレクトコール

0120-766-040

メールお問い合わせ

お問い合わせ

相談・調査に関することなら、
お気軽にお問い合わせください。

TOP