社長ブログ一覧 社長ブログ一覧

  1. ホーム
  2. 社長ブログ一覧
  3. 浮気・不倫調査の証拠とは?浮気の証拠にならないものについて探偵が解説します!

社長ブログ一覧

浮気・不倫調査について

浮気・不倫調査の証拠とは?浮気の証拠にならないものについて探偵が解説します!

浮気や不倫に関するお悩みを抱えていませんか?
今後の生活のためにも浮気・不倫調査で証拠を押さえ、慰謝料をもらいたいと思うのは自然なことでしょう。
しかし浮気・不倫調査に詳しくないと「浮気の証拠にならないものってどんなもの?」と思う方も多いのではないでしょうか。
そこで今回、浮気や不倫の証拠にならないものや注意点について浮気調査のプロの探偵が解説します。

 

□浮気不倫調査の証拠にならないもの

*GPSのデータ

もし対象者のGPSがラブホテルを指していても、それだけでは浮気の証拠になりません。
そのため、ラブホテルにいるときの位置情報だけだと、1人で休憩していた可能性も出るため、認められません。

 

また、GPSを本人の了解を得ず、設置したりした場合、プライバシーの侵害と訴えられる可能性もある為、注意しましょう。

GPSのデータだけでは証拠能力はありません。あくまでも参考資料です。

 

最近は、GPSのレンタル業者も多くありますが結果的にうまくいかず

ばれたり、問い詰めたりすることで

証拠収集がうまくいかないこともありますので、ご注意ください。

 

*浮気不倫調査の連絡

LINEなどのチャットアプリやメールで浮気を疑わせるような内容のやり取りを行なっていても、証拠になりません。
こちらもやはり不貞行為とは認められないからです。

 

面白おかしくやり取りをしただけだと言われてしまうと、疑わしいだけのものになってしまいます。

しかし、他の証拠と合わせると浮気と認められることもあるので、残しておきましょう。

その際は、データで保存するのではなく、スクリーンショットなどラインのやり取りであることが分かるように保存することが大切です。

 

*2人の写真を見つけた

もし、2人きりの写真が見つかった場合でも、浮気不倫とは認められません。

これは本当は複数人いたが、写真の写り方によって2人きりに見えたという可能性があるからです。

2人きりの写真の場合、2人が裸体であったり、性行為中であったりする際は、不貞行為として認められますがそのような写真は逆に、違法となってしまう可能性があります(明らかに盗撮となるからです)。

もちろん本人同士が了解のもとで撮影したものを入手できれば、それは効果的な証拠となるでしょう。

 

例えば、キスや抱き合っている写真を見つけた場合

当然、感情的には、浮気!

なのですが、法律的には不貞行為とはなりません。

あくまでも、法律でいう、不貞行為とは体の関係です。性的な行為があったかがカギとなります。

キスや抱き合ったり、手をつないだり、では不貞行為にはなりませんので、ご注意ください。

 

*浮気不倫のラブホテルの出入り写真

浮気不倫調査の決定的な証拠のひとつ、ラブホテルに出入りしている写真を撮った場合は不貞行為と認められます。

その場合、滞在時間が重要となりますので、何時に入って、何時に出てきたのか?泊ったのか?

明らかに付帯行為があったと思われる。

その事実が重要となります。

探偵の調査、証拠はこのようなものとなります。

本人と分かるように撮影し、一緒にラブホテルに入った事実を調査、撮影します。

しかし、その証拠が一回だけだと、具合が悪くなり休憩していた可能性も出てくるので認められないことがあります。

 

彼女が気分が悪くなったので、ホテルで休憩していただけだ。

カラオケをしたいと思って、ホテルに入った。

など、普通には考えられない言い訳を平気でしてきます。

そうなると、疑わしいが、証明することが難し・・・と判断されてしまいますので複数回の証拠が必要となります。

決定的な証拠をとりたい場合は、複数回の行為の証拠が必要となります。

 

□注意点

浮気や不倫の証拠を見つけようと勝手に携帯を見たり、相手の携帯に無断でアプリをインストールしたりする方がいますが、これには注意が必要です。
これらの行為によって証拠を見つけることができたとしても、違法な行為として訴えられる可能性があります。
なぜなら、これらの行為はストーカー行為やプライバシーの侵害となってしまうからです。
そのため、証拠を残すには強引な方法ではなく、探偵に依頼するなどの方法をおすすめします。
探偵は裁判で認められる証拠を見つけてくれます。
また、法的に浮気として認められない証拠について問い詰めてしまい、離婚になってしまっても慰謝料を請求できません。
感情的になるのは良くないので、浮気を疑っていても冷静になるように注意しましょう。

 

□まとめ

世間で認められる浮気と法的に認められる浮気の定義は少し異なります。
きちんと法的に認められる証拠を集めるために、一度探偵に依頼を検討してみてはいかがでしょうか。
当社では経験豊富な探偵による質の高い様々な調査を行なっています。
お悩みのことがありましたら、ぜひご相談ください。

contact logo

無料相談・お問い合わせ

無料お問い合わせ

0120-766-020

女性相談員ダイレクトコール

0120-766-040

メールお問い合わせ

お問い合わせ

相談・調査に関することなら、
お気軽にお問い合わせください。

TOP