社長ブログ一覧 社長ブログ一覧

  1. ホーム
  2. 社長ブログ一覧
  3. 大阪の浮気で離婚したい方に向けて!離婚後に後悔しない為に

社長ブログ一覧

ブログ

大阪の浮気で離婚したい方に向けて!離婚後に後悔しない為に

夫の浮気が発覚し、離婚することを考えている。でも勢いで離婚していいの?
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
今回は、離婚するにあたって後悔しないために注意点と知っておくべきことをご紹介します。

 

□離婚前に知っておくべきこと
夫婦関係が修復できる可能性もあるので、離婚の前に少し冷静になって考えることも必要です。
不倫の原因は自分にもないか、関係を修復する努力はしたのか、と考えて、勢いで離婚をして後悔をしないようにしましょう。
子供がいる場合、子供のことも考えずに離婚を早めると、子供の将来を狂わす可能性があることも知っておく必要があります。

 

□離婚前に決めておくべきこと
離婚後に取り決めたり、離婚前にいい加減に決めると、トラブルになる可能性がある内容がいくつかありますので、相手と話し合いで以下のことについて取り決める必要があります。

 

□お金に関する取り決め
*慰謝料
慰謝料について、取り決めておくことも重要です。
不貞行為を行い、離婚の原因となる場合は、法律上、慰謝料を払うことが取り決められています。

 

*財産分与

財産分与とは夫婦で築いた財産を夫婦の貢献度に応じて分配することです。
専業主婦だった場合は、結婚期間中の夫が稼いだ財産を請求できる権利があります。
しかし、財産分与を行わないまま離婚してしまうと、何ももらえない可能性があるので注意が必要です。

 

□子供についての取り決め
*親権
未成年の子供は親からの援助が生活に必要なため、親権者がどちらになるのかを取り決める必要があります。
もし子供が10歳以下ならば、母親が親権を獲得するケースが多いです。

 

*面会交流権
親権を持たない方には子供と面会する権利があるので、面会の頻度や連絡の取り方などを決めておくとトラブルを回避できます。
しかし、子供に暴力を振るっていたり、精神的ストレスを与えていた過去がある場合は面会を制限することが可能です。

 

*養育費
親権者は子供の生活のために、貧しい思いをさせないために養育費を請求する権利があります。
非親権者は、自分の生活水準を落としてでも養育費を払う必要があります。
具体的な金額や、支払わなかった場合の利息などを決めておくことが必要です。

 

□まとめ
今回は、離婚をする前に、決めておくべきことについてご紹介しました。
離婚前に具体的に取り決めをしておかないと、後で後悔することになります。
勢いで離婚してしまうと、後に経済的に苦しくなり、子供に影響が出るので、離婚の前に慎重に取り決めを行うことをおすすめします。

contact logo

無料相談・お問い合わせ

無料お問い合わせ

0120-766-020

女性相談員ダイレクトコール

0120-766-040

メールお問い合わせ

お問い合わせ

相談・調査に関することなら、
お気軽にお問い合わせください。

TOP