社長ブログ一覧 社長ブログ一覧

  1. ホーム
  2. 社長ブログ一覧
  3. 大阪の女性で浮気がきっかけで離婚!親権を獲得する方法とは

社長ブログ一覧

ブログ

大阪の女性で浮気がきっかけで離婚!親権を獲得する方法とは

夫の浮気が原因で離婚することに。子供の親権を獲得するにはどうしたらいい?

親権者は、家庭内の状況とその子供の意思などによって、判断される条件があります。
親権を獲得するには、判断基準をしっかり踏まえておくことが重要です。
この記事では、離婚を考えている方へ、親権を獲得しやすいポイントをいくつかご紹介します。

 

□親権とは
親権には、子供の身の回りの世話をしたり教育を受けさせたり、生活の面倒をみることができる権利です。
子供の法律行為を代行したりする権利と、財産を管理する権利の2種類に分かれています。

 

□親権者として判断されるポイント
夫婦間の話し合いで決まる場合は、お互いが納得できれば条件などは必要ありません。
しかし、そこで決まらない場合は調停や裁判で決めてもらいます。
その際に、判断される条件についてご紹介します。

 

*子供への愛情
愛情といっても、親権をどちらも望んでいるならば二人とも愛情は大きいはずです。
目に見えないものではなく、子供と過ごした時間が長いことを確認される事が多いです。
その点では、男性は女性よりも働いている時間が長いため、その分子供と接する機会も減り、女性の方が親権者として選ばれるには有利になるケースが多いです。

 

*子育てに時間が割けるか
たとえ経済的に安定していても忙しすぎて、子供を養育する時間がなければ親権者として認められにくいです。
そのため、離婚後にできる限り子供優先の生活スタイルに変更する姿勢をアピールしていくと親権者にふさわしいと判断されやすいです。
転職を考えている場合は、そのことも主張してみてもいいかもしれません。

 

*子供の状況
子供が15歳以上の場合、自分で物事の判断ができるため子供の意思が反映されますが、子供の年齢が下がるにつれて母親がふさわしいと判断されやすいです。
また、女の子でこれから思春期に入る年頃は、女性からの体の変化のケアが必要になるため、女性の方が有利です。

 

□親権者でなくても子供と住める
親権者でなくとも子供を引き取れることを知っていますか?
親権者と監護者は分けるケースもあります。
夫の方が経済的余裕があるため親権を獲得したとしても、出張が頻繁にあるため妻が監護者として認められる可能性もあります。

 

□まとめ
今回は、親権を獲得しやすい条件について解説しました。
どんなに子供の生活を安定させることができたとしても、子供にとってどちらが幸せかを考える必要があります。
親権を母親が獲得するケースがほとんどですが、父親も上記の条件を満たせば十分に親権を獲得する可能性があります。
そのため、たとえ親権者が獲得できなくても、定期的に面談ができることを要求することも必要です。

contact logo

無料相談・お問い合わせ

無料お問い合わせ

0120-766-020

女性相談員ダイレクトコール

0120-766-040

メールお問い合わせ

お問い合わせ

相談・調査に関することなら、
お気軽にお問い合わせください。

TOP