社長ブログ一覧 社長ブログ一覧

  1. ホーム
  2. 社長ブログ一覧
  3. 大阪で裁判を考えている方へ!浮気による裁判にかかる費用とは

社長ブログ一覧

ブログ

大阪で裁判を考えている方へ!浮気による裁判にかかる費用とは

浮気が原因で離婚しようと思っているけど、裁判を起こすとお金がたくさんかかりそう。
でも相手の浮気が原因で離婚したから費用を相手に負担してほしい。

裁判を起こす際によく悩まれるのが、裁判にかかる費用です。
そこで今回は、離婚裁判をしようと考えている方へ、裁判費用に必要となる費用と相手に費用を負担してもらうコツをご紹介します。

 

□離婚裁判でかかる費用の種類
離婚裁判で必要となる費用は、裁判所に支払う費用と弁護士を依頼した際に発生する費用の二つが主な費用の種類です。

 

□裁判所に収める費用
*収入印紙代
訴訟をするためには一定の手数料を収める必要があります。
手数料の額は裁判手続きの種類や訴訟で得た金額によって異なります。
詳しくは裁判所のホームページで閲覧できますので、ぜひ確認してみてください。
だいたい1万円から2万円が相場です。

 

*郵便切手
裁判所から、呼び出し状や判決に関する書類を発送する費用です。
被告の数にもよりますが、6000円程度支払うのが一般的です。
訴訟が長くなり、足りなくなると追加で納付指示が出ますが、余ると訴訟終了後には返却されます。

 

□弁護士費用について
裁判を進めるにあたって、弁護士に依頼する費用も必要です。
費用は着手金と報酬金に分かれています。

 

*着手金
弁護士に依頼をする際に支払う費用です。
依頼をした希望通りの結果にならなかったとしても、支払った金額が返却されることはありません。
事件の内容などによって金額が変化するので、依頼前に確認することが必要です。
また、裁判の途中で弁護士を解任した場合も着手金は返却されません。
そのため、弁護士費用の相場を把握し、弁護士は慎重に選ぶ必要があります。
離婚訴訟の着手金の相場は20~30万円です。

 

*報酬金
裁判が終わった後に、慰謝料で獲得した金額に応じた額の一部を弁護士に払う費用です。
金額にばらつきはありますが、離婚裁判の場合は着手金と同等の額を払うのが一般的です。
そのため、20〜30万円が相場です。
また、依頼者にとって成功したと思えない場合でも、費用を請求される事があるため、依頼前に成功報酬の具体的な考え方を確認することが必要です。

 

□費用を相手に請求できるか
訴訟を起こした時点ではどちらが勝つか負けるかが分からないため、訴訟費用は自分で払う必要がありますが、原告が裁判に勝った際には、被告に訴訟費用を請求できます。
しかし、弁護士費用は、裁判の勝ち負けに関係なく自分で負担することになることが多いです。
そのため、示談で解決することを選び、弁護士費用を慰謝料として上乗せする方法もいいかもしれません。

 

□まとめ
今回は、離婚裁判にかかる費用についてご紹介しました。
この記事を参考に離婚裁判を考えてみてください。

contact logo

無料相談・お問い合わせ

無料お問い合わせ

0120-766-020

女性相談員ダイレクトコール

0120-766-040

メールお問い合わせ

お問い合わせ

相談・調査に関することなら、
お気軽にお問い合わせください。

TOP