社長ブログ一覧 社長ブログ一覧

  1. ホーム
  2. 社長ブログ一覧
  3. 不倫の証拠となる不貞行為とは?大阪の探偵が解説します。

社長ブログ一覧

ブログ

不倫の証拠となる不貞行為とは?大阪の探偵が解説します。

「妻が不倫をしているのではないかと疑っているが、どのようなものが証拠となるのだろう。」
「裁判で不倫を立証する時に必要な証拠について教えてほしい。」
このように、不倫の証拠となるものについて疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。
どのような状況であれば不倫と断定できるのかを知らないと証拠を集めることも困難です。
不倫かどうかが判断される際の基準を知り、不倫の事実を明らかにしましょう。
今回は、不倫の証拠となる不貞行為についてご紹介します。

 

□不貞行為って何?

 

*不貞行為とは

結婚相手以外の人と性的な関係を持つことを不貞行為といいます。
奥様が自分以外の異性と以下のようなことをすることは、法的には不貞行為とされないため注意しましょう。

・メールのやり取りなど連絡を取ること
・ドライブをしたり、映画を見たりするなどのデートをすること
・別れ際などにキスをすること
・旅行に行くこと

あくまでも、不倫をしているかどうかの判断は、夫婦関係にない異性と肉体的な関係を持ったかどうかが基準です。

 

*法的責任が生じる行為

夫婦には、関係を維持する上で守るべき貞操義務というものがあります。
パートナー以外の人と性的関係を持つことは、この義務に違反する行為とされているため、離婚の原因として認められます。
また、離婚をしない場合でも、不貞行為があったことを証明することで、慰謝料を受け取れることもあるでしょう。
ただし、1度性的な関係を持ったというだけでは、不倫や離婚の原因として認められない場合があるため注意しましょう。

 

□不貞行為の証拠となるもの

 

*写真・動画

性的な関係を持っていることが推測できる、または確認できる動画や写真は証拠として認められる可能性が高いでしょう。
具体的には、不倫相手と奥様がベッドの上にいて服を着用していない状態の写真などです。
奥様と相手が旅行に行った様子がわかる写真だけでは、性的な関係も持っていることを明らかにするのは難しいでしょう。

 

*探偵者の調査報告書

探偵に不倫調査を依頼すると、ラブホテルに出入りする瞬間の写真などの証拠を集めてくれるでしょう。
調査報告書には、調査の内容が細かく時系列で記載されるため、ラブホテルに滞在した時間も明らかにできます。
また、目撃証言などが記載される場合もあるため、探偵が作成する調査報告書は信頼度が高いでしょう。

 

*録音テープ

夫婦の会話の中で、旦那様以外の男性と性的な関係を持ったことを認めた音声も有効となる可能性が高いでしょう。
ただし、盗聴器などを使用して音声を録音することは避けましょう。
なぜなら、夫婦とはいえプライバシーの侵害に値する場合があるためです。
自分で証拠を集める際は、収集方法にも注意しましょう。

 

□まとめ

今回は、不倫の証拠となる不貞行為についてご紹介しました。
どのような行為が不倫をしているかどうかの判断基準になるかをご理解いただけたと思います。
不貞行為があったと認められると、離婚や慰謝料に関わる話を有利に進められます。
パートナーに対する不信感を覚えた際には、参考にしてみてください。
当社では、調査依頼だけではなく、知識や経験が豊富な相談員が真摯にお悩みをお伺いしています。
大阪で探偵の利用をご検討中の方、不貞行為についてさらに詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

contact logo

無料相談・お問い合わせ

無料お問い合わせ

0120-766-020

女性相談員ダイレクトコール

0120-766-040

メールお問い合わせ

お問い合わせ

相談・調査に関することなら、
お気軽にお問い合わせください。

TOP