社長ブログ一覧 社長ブログ一覧

  1. ホーム
  2. 社長ブログ一覧
  3. 【探偵の浮気・不倫調査の調査方法】張り込み・尾行とはどのように行われるのか?その7-3<尾行調査>

社長ブログ一覧

浮気・不倫調査方法について

【探偵の浮気・不倫調査の調査方法】張り込み・尾行とはどのように行われるのか?その7-3<尾行調査>

□探偵社ガルエージェンシー調査とはどのようなものなのか?
探偵の調査とはどのようなものなのか?よくわかりませんよね。こちらではできるだけわかりやすく実際の調査についてご説明いたします。
ガルエージェンシーでは、探偵育成のガル探偵学校では基本的な技術や知識を勉強し、実際の現場で訓練や経験を積むこととなります。
(探偵学校の卒業生しか、調査員として雇用しません)
探偵社ガルエージェンシーの圧倒的な調査力をお約束いたします。

それでは、ご説明させていただきます。

<浮気調査の尾行中にやってはいけない行為とフォロー>

浮気調査の対象となる人物はどうしても警戒感が強くなります。
どこで誰に見られているか分からない不安感を常に持っています。
その為、常にキョロキョロしていたり、急にUターンをしたり、そのような行為を何度も繰り返します。
常にどのタイミングでそのような行為をされても不自然にならないように、準備をしておく必要があります。
十分に準備ができていないと、対象者の動きにうまく対処できずに不審がられてしまうことになってしまいます。
そうなると、探偵の尾行調査は成功しません。常にリスクを考えながら、調査を進める。常にリスクの伴う調査が探偵の行う調査といっても過言ではありません。
それではいくつかのケースでご説明をいたします。

①調査対象者が急にUターンした時、やり過ごそうと横道にそれて目を離してしまう。戻ってみると対象者の姿がない。
(解説)
Uターンを繰り返すのはお店を探していたり、道に迷っているケースが多く、必要以上に距離をあけて対象者とすれ違わないように注意します。
状況からUターンをする可能性がありそうな場合、いつでもそのような行為に対応できるように準備をしておく必要があります。
その際に、決して目を合わせることが無いようにします。目が合うと印象づいてしまう可能性が非常に高くなります。
目が合うと気が付かないうちに驚いた顔になってしまうことがあります。
普通にやり過ごすことができれば、相手にとっては大勢の中の一人ですが、目が合って驚いたかををしてしまうと目についてしまいます。
また、対象者の頭の後ろをばかりを見ていると、急にUターンをした際に目があってしまう可能性が高くなるため、できるだけ頭以外のところを見るようにします。
万が一見失ってしまった場合、急いで近くの店をしらみつぶし探索します。

②対象者がUターンした時、対象者の横を通り過ぎてしばらくそのまま歩いてしまい、振り返ったら対象者がいなくなっていた。
(解説)
通行人のふりをするのは良いですが対象者から目を離してはいけません。道路を横切って横目で観察するなど常に対象者を視野に入れておきます。
可能な限り対象者を視界に入れたまま尾行は行い、決して失尾しないように注意します。

③距離をあけすぎていて、どのビルに入ったのか視認できなかった。
(解説)
状況から入った可能性のあるビルの出入口を確認し、もし裏口のあるビルがあれば先に探索します。
探索に手間取り時間が切迫した場合、出入口が一箇所しかないビルであれば余裕をもって張り込めますが、二箇所以上あるビルは応援を呼ぶ、
及び出入口を全て押さえられる場所を探す等、あらゆる手段を講じる必要があります。
飲食店が入っているビルであれば友人との待ち合わせを装い、全ての店に
「友達が来ているはずなんですけど?」と、堂々と奥まで入って隅々まで見渡します。
店側がお客様の入店を拒むことはありませんので入りづらそうな店での必ず探索してください。

④距離を開け過ぎていた為、曲がり角で見失い、キョロキョロしていたら対象者がビルの玄関から自分を見ていた。
(解説)
あえて対象者に近寄ってビルの居住表示や案内板を見てどこか探すふりをします。管理人室があれば尋ね聞きます。
このような方法を取ることも可能ですが、やはりリスクもあります。対象者と一度でも接触した場合、当然、その探偵は調査に参加することができなくなるからです。

⑤対象者に不審がられて「お前つけてるのか?」と腕をつかまれたしまった場合
(解説)
詰め寄ってくるまでは全く無警戒に見えた対象者に多く、いくつかの警戒行動に気が付かなかった結果です。
このようになるのは、ベテランの探偵にはまず考えられず、初心者の探偵であれば気が付かない間に不審がられてしまっていたケースです。
それなりの経験を積んだ探偵が、このような失態を知ることはまず考えにくいです。
例えば、何時間も同じ場所で張り込み、警戒して行動しても、視認されてすっかり覚えられた上に、対象者が同じ道をグルグル回って足音をさせながら平然と尾行をすれば当たり前の結果です。
フォローとしては「何言っているんですか?」とあくまでシラを切るしかなく暴力で腕を払ったりしてはいけません。
いくら追い払われても尾行をやめなかったら軽犯罪法1条28号の「追随等の罪」、迷惑防止条例の「つきまとい行為」に触れることになります。
これはあくまでもひどい嫌がらせのような尾行に適用されるだけですので、相手がしつこい場合は交番に行くのも一つの手段です。
もちろん、探偵ではない身分証明書を忘れずに携帯しておく必要があります。

探偵社ガルエージェンシー
■梅田キタ
大阪市北区芝田2-2-13 日生ビル東館3階
TEL / 06-6147-8866
■新大阪
大阪市淀川区西中島3-8-15 EPO 新大阪 BLDG 10階
TEL / 06-4862-5770
■大阪中央(難波・心斎橋)
大阪市中央区心斎橋筋2-2-22 小大丸ビル5階
TEL / 06-6484-2460
■ガル探偵学校 大阪校
大阪市北区芝田2-2-13 日生ビル東館3階

contact logo

無料相談・お問い合わせ

無料お問い合わせ

0120-766-020

女性相談員ダイレクトコール

0120-766-040

メールお問い合わせ

お問い合わせ

相談・調査に関することなら、
お気軽にお問い合わせください。

TOP