社長ブログ一覧 社長ブログ一覧

  1. ホーム
  2. 社長ブログ一覧
  3. 慰謝料に有効な証拠を大阪の浮気探偵が解説

社長ブログ一覧

ブログ

慰謝料に有効な証拠を大阪の浮気探偵が解説

夫の浮気が発覚した時って、慰謝料は本当にもらえるの?
慰謝料を請求するにはどのような証拠が必要?とお悩みの方はいらっしゃいませんか?
この記事では、そのような方へ、慰謝料をもらうために有効な証拠と証拠集めにおいて注意すべきことをご紹介します。

 

□有効な証拠
裁判にならなくても証拠があれば示談を行う際に、有利に交渉を進めることができます。
違法で手に入れた情報は証拠として扱われないので、慰謝料の金額を上げるためには有効な証拠を提示する必要があります。
それでは、どのような証拠が有効なのかご紹介します。

 

*写真
ラブホテルや自宅に出入りしていることがわかる写真や、不倫相手と二人で旅行写真などが、証拠となります。
ホテルや自宅に入る写真の場合、入る写真と出てくる際の写真が両方必要です。
遠くから撮影をしていて画質が粗く、誰かを判断できないような写真は有効ではありません。

 

*音声データ
ICレコーダーを相手の持ち物に仕掛けることで、浮気相手との会話を録音することができるかもしれません。
また、会話の中で、浮気を認めるような発言をしていると、より有効な証拠になります。
車で移動する方なら、車の中に設置して見るのもいいかもしれません。

 

*クレジットカードの明細やレシート
ホテルに泊まっていたり、異性のためにプレゼントを購入していることが、クレジットカードの明細でわかることがあります。
明細書が自宅に届く前に、ウェブ上で確認してみてください。

 

□証拠にならないもの
実際に手に入れることができたとしても、改ざんが疑われるものは証拠として扱われません。
例えば、デジカメで撮影された写真などのようにデジタルデータで保存されたものは証拠作りのために偽造されたとして扱われてしまうことがあります。

 

□証拠集めで知っておくべきこと
本来ならば、盗撮や盗聴をして集めた証拠は、プライバシーの侵害にあたりますが、浮気や不倫を証明することは難しいため、認められる場合が多いです。
しかし、不法侵入をして撮影し手に入れた写真や、スマホのSDカードを無断で持ち出しコピーするなどの行為は違法で入手した証拠として扱われるので注意が必要です。

 

□まとめ
今回は浮気の被害に遭った方に向けて、慰謝料の金額を上げるための有効な証拠についてご紹介しました。
しかし、自分一人で証拠集めをすることはとてもリスクがあることを忘れないでください。
もし、浮気を不倫を疑っている方は、一度当社へご相談ください。
何かお役に立てることがあるかもしれません。

contact logo

無料相談・お問い合わせ

無料お問い合わせ

0120-766-020

女性相談員ダイレクトコール

0120-766-040

メールお問い合わせ

お問い合わせ

相談・調査に関することなら、
お気軽にお問い合わせください。

TOP