社長ブログ一覧 社長ブログ一覧

  1. ホーム
  2. 社長ブログ一覧
  3. 大阪で浮気調査!自分で調査が失敗した時のリスクとは?

社長ブログ一覧

ブログ

大阪で浮気調査!自分で調査が失敗した時のリスクとは?

夫や妻の浮気調査を検討している方の中には、まずは自分で調査をしてみようと思うが、失敗した時のことが不安だと言う方もいるのではないでしょうか。
確かに、プロの探偵に依頼するのではなく、自分一人で調査を行った場合のリスクはとても大きいです。
中にはみなさんが想像していないようなリスクや、思ってもみなかったようなリスクがあります。
そこで、今回は浮気調査を自分でして失敗した時のリスクをいくつかご紹介します。

□警戒心や関係性の悪化

浮気調査を自分一人で行い相手に気づかれてしまった場合、二度と調査をすることはできないと考えられます。
相手は警戒心を高め、しばらくの間、もしくは今後一切相手と会わなくなるでしょう。
それに加えて、夫婦間の関係性は一気に悪化します。
もしも、本当は浮気をしていなかった場合は相手の信用をひどく損なうことになるでしょう。
調査に踏み切る段階で、まだ別れを覚悟していないのならば、絶対に失敗してはいけません。

 

 

□相手に告訴される場合も

夫や妻が浮気をしているという事実を目の前にした時に、冷静さを欠き、感情的になってしまう人もいるのではないでしょうか。

相手がたとえ浮気をしていたとしても、こちらが同じように犯罪行為をしてしまうと相手に訴えられる場合があります。

知らず知らずのうちにプライバシーを侵害するといった違法行為に及んでしまっていることもあるので、十分気をつけましょう。

必ず冷静になった上で、法に触れる行為ではないか確かめながら調査を進めなければなりません。

 

□証拠が不十分
不倫や浮気に関する法律は非常に複雑であり、法に精通していない人では必要な証拠というのはなかなか判断しづらいものです。
本人からすると、確実に浮気の証拠を押さえたと思っていても、裁判で提出すると正当な証拠のものとして認められない場合も多々あります。
プロフェッショナルである探偵でも、入念な確認を行った上で行う調査であるため、自分一人で証拠を集める場合には、本当に裁判で有効な証拠であるのかどうか確かめる必要があります。

 

□まとめ
今回は浮気調査を自分でして失敗した時のリスクをいくつかご紹介しました。
浮気調査が失敗し、相手にバレてしまうと相手の警戒心は高まり、二度と調査できないだけでなく、関係性の悪化につながります。
また、正しい調査の方法を理解していないと知らないうちに違法行為に及んでおり、逆に訴えられたり、証拠が認められなかったりもします。
こうした事態に陥らないためにも、ぜひ一度当社の探偵にご相談してみてはいかがでしょうか。

contact logo

無料相談・お問い合わせ

無料お問い合わせ

0120-766-020

女性相談員ダイレクトコール

0120-766-040

メールお問い合わせ

お問い合わせ

相談・調査に関することなら、
お気軽にお問い合わせください。

TOP