社長ブログ一覧 社長ブログ一覧

  1. ホーム
  2. 社長ブログ一覧
  3. 大阪で浮気調査を検討している方必見|録音データは証拠になるのか?

社長ブログ一覧

浮気・不倫調査について

大阪で浮気調査を検討している方必見|録音データは証拠になるのか?

「最近パートナーの様子がいつもと違うし、もしかしたら浮気しているかもしれない。」
「録音データは浮気の証拠になるのかな。」
パートナーの浮気を疑う際、本人に確認するのはなかなか難しいですよね。
そこで、探偵に浮気調査を依頼してみようと考える方もいらっしゃると思います。
しかし、探偵が録音したデータは浮気の証拠になるのでしょうか。
今回は、録音データは浮気の証拠になるのかどうか詳しく解説します。

 

 

□そもそも浮気調査の録音は合法なのか

浮気調査の録音は、基本的に本人の了承を得ていないので盗聴にあたります。
一般的に盗聴は違法行為です。
しかし、配偶者の浮気、不貞行為もまた違法行為であると法律で認められています。
ここでの不貞行為は、配偶者以外の異性と自由意志で肉体関係を持つことであると定義されています。
そのため、公の場で不貞行為を証明する証拠はつかみにくいです。
これを証明するための方法として録音することは合法とみなされることがあります。
法律の観点から見ても、盗聴は非常に難しい行為であると言えます。

 

 

□録音したデータは浮気の証拠になるのか

結論から言うと、音声データは証拠としては不十分であると考えられています。
現代は技術の開発が進んでおり、音声データに編集を加えることが容易であるためです。
本人の自白であれば証拠としては十分ですが、盗聴では浮気の証拠を確実にはつかめないことを理解しておきましょう。

 

 

□盗聴をする際の注意点

本来、盗聴行為は違法であるが不貞行為を暴く際は認められることもあると解説しました。
しかしこの盗聴行為を行う際、いくつか気をつけなければならない点があります。
違法収集証拠排除法則に則って、裁判時に証拠として認められない場合があるからです。

 

*住居侵入罪に注意する

盗聴器を許可なく他人の敷地に侵入して仕掛けることは、住居侵入罪にあたります。

 

*器物損壊罪に注意する

盗聴器を住居のコンセントなどに細工して仕掛ければ、器物損壊罪にあたります。

 

 

□まとめ

今回は、録音データは浮気の証拠になるのかどうか詳しく解説しました。
録音データは証拠としてはやや不十分ですし、盗聴は法律の面から見ても難しい行為であることはご理解していただけたでしょうか。
大阪を拠点としている当社は、能力の高い探偵を育成しており、調査に自信を持っております。
調査に関することはもちろん、何かお困りのことがあればお気軽にご相談ください。
お客様のお悩みを解決するために精一杯サポートさせていただきます。
 

contact logo

無料相談・お問い合わせ

無料お問い合わせ

0120-766-020

女性相談員ダイレクトコール

0120-766-040

メールお問い合わせ

お問い合わせ

相談・調査に関することなら、
お気軽にお問い合わせください。

TOP