社長ブログ一覧 社長ブログ一覧

  1. ホーム
  2. 社長ブログ一覧
  3. 【大阪の探偵が徹底解説】裁判で必要な不倫の証拠とは?

社長ブログ一覧

浮気・不倫調査について

【大阪の探偵が徹底解説】裁判で必要な不倫の証拠とは?

 

 

「旦那の帰りが遅い日が多く不倫をしていると疑っているが、不倫を断定するにはどうしたらいいのだろうか?」
「離婚する際の裁判では、どのような証拠があれば不倫だと言い切れるのだろう?」
このように、不倫を証明することについて疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。
旦那の不倫が原因で離婚を考えていても、証明ができなければ慰謝料を受け取れない場合もあります。
裁判で適切な判断がされるように、事実を示す方法を知っておくと良いでしょう。
今回は、不倫の証拠についてご紹介します。

 

□証拠が必要な理由

 

*事実を証明するため

不倫をしていると断定するには、不貞行為をしていたことを証明する必要があります。
不貞行為とは、パートナー以外の人と肉体的な関係を持つことです。
不倫相手との肉体関係があることを示す証拠を掴む必要があります。
不倫相手とのメールや2ショット写真は、裁判で言い訳される場合があるため注意しましょう。

 

*離婚の請求や慰謝料請求を有利に進めるため

不貞行為は離婚する理由になると民法で決められています。
そのため、不貞行為により離婚を請求した場合は離婚が認められます。
また、不貞行為が証明されると、離婚をするかどうかに関わらず慰謝料を請求できます。

 

□認められやすい証拠

 

*写真やビデオ

ホテルに出入りしている写真や動画は、信頼度が高いです。
ホテルの近くにいる写真では、偶然だと言い訳をされる場合があります。
そのため、ホテルに出入りした瞬間を撮る必要があるでしょう。
また、性行為やそれに近い行為の様子を撮った写真や動画も不倫が認められやすいでしょう。

 

*探偵社の調査報告書

探偵社の報告書には、調査開始の時刻や写真などがすべて記載されています。
時系列で調査の内容が細かくまとめられているので、証拠として有効です。
また、目撃情報も含む調査書は信頼度が高いでしょう。

 

□組み合わせることで不倫を証明できる証拠

複数の証拠を集めることで、不倫が認められる場合があります。
以下のような証拠を集めましょう。

・浮気相手と利用したホテルの領収書
・不貞行為があったと推測できる手紙
・目撃者の証言
・不倫相手からの手紙

 

 

□まとめ

今回は、不倫の証拠についてご紹介しました。
自分で証拠を集めるとプライバシー問題に関わる場合があるため、探偵に調査依頼することがおすすめです。
当社は、探偵に必要な「調査技術」に自信を持っています。
そのため、しっかりした調査結果を提供することで、ご依頼者様のお力になります。
不倫の証拠についてさらに詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

 

まずは無料相談メールでお問い合わせください!
無料相談メール

contact logo

無料相談・お問い合わせ

無料お問い合わせ

0120-766-020

女性相談員ダイレクトコール

0120-766-040

メールお問い合わせ

お問い合わせ

相談・調査に関することなら、
お気軽にお問い合わせください。

TOP