浮気調査.jpへ > 必見!浮気の傾向

必見!浮気の傾向

「ネット」「社内恋愛」「合コン」「キャバクラ」……いたる所にきっかけはあります

「慰謝料をきちんと取りたい」とお考えでしたら、きちんと確実な証拠をつかんでおくことが大切です。

最近の傾向としては、浮気の証拠をかなり詳細にすでにつかんでいる方も多くご相談に見えます。
理由としてはやはり、携帯電話のメールの影響でしょう。
携帯電話のメールのやり取りをそっと覗き込む。悪いとは思いながらも、どうしても気になる・・・

そして、メールのやり取りで事実があからさまに。
傾向としては、男性の場合はわりと平気で記録を残していることが多いようです。
消すのがもったいないと、ついつい考えるのでしょうか?
女性の場合は、やはり警戒心が強く、ロックを掛けて誰にも見られなくしたり、すぐに削除したり、用心深い傾向があります。

でも、メールだけでは「遊びでやり取りしているだけで、実際に会っているわけじゃない!」なんて、簡単に言い訳をされたらそれまでですので、確実な証拠とはいえません。
今後、慰謝料を請求したいとお考えでしたら、証拠としては決して充分とはいえないでしょう。
やはり、「慰謝料をきちんと取りたい」と、お考えでしたら、きちんと確実な証拠をつかんでおくことが大切です。

 

イメージ

浮気調査をお考えでしたら、直接本人(ご主人や奥様)に確認することは、絶対にやめましょう

不貞行為は、犯罪ではありませんが、違法な行為です。それをきちんと証明するために、当探偵事務所の調査報告書は、事実を丁寧に時系列にまとめて、映像も取り込んだものを作成させていただきます。

浮気調査をお考えでしたら、まずは直接本人(ご主人や奥様)に確認することは、絶対にやめましょう。まず、認めることは無いでしょうし、しらを切られるのがおちですね。まず大切なのは、事実を確認することでしょう。

「慰謝料を請求したい」、「離婚を考えているので少しでも有利に離婚条件を進めたい」と、考えている場合は自ら行動して証拠をつかもうと不審がられる行動をせず。どうぞプロにお任せください。

本人に告げると警戒して、行動を控えたり、ちょっとでも気になることがあると、予定を変更したり、せっかくの証拠をつかむチャンスが、難しくなってしまい、浮気調査を実際に行う場合に、必要以上に日数を要することになりかねませんので、ご注意ください。

無料お問い合わせ 0120-766-020
無料相談はこちらから

 

ページトップへ

 

浮気のきっかけとなる事例

1.インターネットで知り合う。
イメージ

出会い系サイトは今や何千何万と、迷惑メールは毎日山のように…。
メル友を探そうと考えたら、誰でもすぐに見つけることができるでしょう。

最初から浮気を目的にすぐに、体の関係に…
趣味のサイトから仲良くなる。話が合うから、すぐに気のあった関係に…
最初は何気なく、面白半分にはじめたメールから火が点いて、どんどん深みにはまってしまう…

2.社内で仲良く
イメージ

やっぱり知り合って仲良くなるきっかけは、社内というケースは今でも健在です。
悩み相談から発展したり、バリバリ仕事をしている様子を見たり、かっこよく見えてしまうんでしょうか?

若い子の前ではついつい張り切る、そんなもんです男というものは。
現代人はみんな社交的?なんてことは決してありません。
結構社外では異性と知り合う機会がないもので、社内の身近に求めてしまうのかもしれません。

 

3.合コンで知り合う
イメージ

互いに集まってお酒を飲むんだり、食事をしたりする機会を、今は「合コン」なんて気軽に集まりやすく呼びますね。
浮気の機会を作るきっかけとしては、いいチャンスかもしれません。
「独身です」なんて話を合わすのは、簡単でしょう。
最近の若い子は、相手が結婚していることが分っていても、「平気」と考えている子も結構多いようです。
その方が逆に安心!?なんて、ちょっと理解しにくい傾向も。
でも、よく考えると、それも一理あるかもしれません。
最初から浮気や不倫と割り切って付き合う。
「別れて、結婚してくれ、なんて、さらさら考えていない」実際は、遊ばれているのかもしれませんね。

4.キャバクラやホストクラブに入りびたり
イメージ

素人がはまってしまうと、どうしようもなくつぎ込んでしまい取り返しのつかないことに…
いまどきのキャバクラやホストスラブは、ただ若い子と、おしゃべりをするところじゃなくなってきています。
とにかく早急に無駄なお金を使うことを止めさせ、目を覚まさせましょう。
新地のママが、ホストに売上金額の殆どを貢いでしまう…、
プロでもそうなんですから素人がのめり込んだら、大変。
もちろん毎月の収入では足らずに、サラ金から借金、あげく破産に至るケースも。
とにかく早く目を覚まさせることが大切です。

 

浮気のきっかけ
会社の同僚
知人の紹介や知り合い(合コン等により知り合う)
出会い系サイト(PCや携帯)
浮気した理由
なんとなく、願望があったわけではない。
刺激があり、新鮮だった
(好みのタイプだった)
うまくやれば、ばれないと思った
浮気で行く場所
食事(夕食)
ドライブ
ホテル
浮気の言い訳
人の勝手だ。別に理由はない。(開き直り)
喧嘩が多く、家にいてもつまらないから…
離婚しようと考えていた。
浮気発覚後のトラブル
離婚を考える。
別居、家を出る、実家に帰る。
互いに干渉しない。
無料お問い合わせ 0120-766-020
無料相談はこちらから

代表挨拶

 

ページトップへ